鎮西学院高等学校

デジタルパンフレット

学校案内

SCROLL
新着情報
学校案内
学校生活
学科・コース紹介
クラブ活動
入試情報
進路状況
Q&A
その他
LANGUAGE

宗教教育

Religious education
キリスト教の精神に導かれた

豊かな人間形成
キリスト教の精神に導かれた豊かな人間形成

創立以来、鎮西学院では建学の精神であるキリスト教による教育を最も大切なものとしています。毎日の礼拝や様々なキリスト教行事を通して「心の教育」がなされ、自分自身を見つめ、他者の心を思う学びと祈りの時が数多くもたれています。

毎朝の礼拝(チャペル)
毎朝の礼拝(チャペル)
「魂(こころ)の教育」の実践
建学の精神であるキリスト教に基づく人格教育を行い、さまざまな教育活動を通して「魂(こころ)の教育」を実践しています。
月・水・金曜日は講堂での全体チャペルを行い、火・木曜日は各クラスのホームルームで行います。
聖書の教えを土台に据え、神の愛を知り、人のために尽くすことのできる人間の育成を目指します。
学校行事
学校クリスマス(12月)
 学院にとって最も大切な行事であるクリスマス。全校で主イエス・キリストのご降誕をお祝いします。一部の礼拝では、100名を超える聖歌隊の讃美や、全校生徒によるハレルヤコーラスの混成四部合唱。二部の祝会では、文化部を中心とした発表が行われ、鎮西学院幼稚園児によるページェント(降誕劇)も上演されます。鎮西学院で、本物のクリスマスを体験してみませんか?
学校クリスマス
カーネーション販売
カーネーション販売(6月)
 毎年、母の日の前日に行われているカーネーション販売は、学院の源流である、メソジスト教会が紀元となったものです。当日は多くの生徒がカーネーションを購入し、お母さんに「ありがとう」の感謝の言葉を添えて送っています。今や、学院の伝統行事の一つでもあり、当日はカーネーションよりも美しく輝く、生徒達の「笑顔の花」が咲き誇っています。
授業
履修科目「聖書」
鎮西学院高等学校ならではの特色ある授業です。「聖書」について起源を知り、その歴史を学ぶことで、魂(こころ)の教育の教えをより深く理解することができます。
授業
施設
施設
学院ピースチャペル
 学院のシンボルともいえる礼拝堂。被爆校として恒久平和を願い「ピースチャペル」と名付けられました。主に幼稚園や大学の礼拝時に使用されており、学生達の憩いの場にもなってます。時折、卒業生の結婚式も行われ、学院で青春の日々を過ごした卒業生が、母校で永久の愛を誓う、喜びの時も与えられている場所です。